円形脱毛症に改善に有効な睡眠

円形脱毛症に改善に有効な睡眠

睡眠不足は、様々な病気や身体に不自由な症状を引き起こす可能性があります。円形脱毛症もその一つで、睡眠不足から自律神経が乱れてストレスを増やしてしまうという悪循環が起きるのです。美容のために、22時から2時までの間にしっかり睡眠をとるとよいというのは有名な話です。

 

この時間には、成長ホルモンが最も出やすいといわれます。従って、髪にとってもよい影響を与える時間帯ですので、22時に眠りにつくことは円形脱毛症の改善にも効果があると考えられます。22時から2時には毛穴の奥の毛母細胞が活性化し、髪の毛が作られます。

 

ところが、睡眠不足になると朝起きたときに眠り足りないという感覚があり、ストレスにつながってしまうのです。人間は、寝ている間にもその日感じたストレスを発散しています。睡眠不足の人は、そうしたストレス発散のチャンスを失っていることになります。睡眠が不足すると、脳が常に緊張した状態になり、血行も悪くなります。

 

ちょっとしたことでイライラしたり、不安に感じることも増えてきます。ストレスは円形脱毛症の大きな原因の1つですので、睡眠不足にならないように注意することが大切です。円形脱毛症を改善するためには、質の良い睡眠をとる必要があります。何時でもたくさん眠ればよいというわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

 

睡眠時間は、7.5時間程度が好ましいとされていますが、成人した人が毎日そんなに睡眠時間をとることは難しいかもしれません。どうしても5〜6時間しか睡眠をとれないという場合でも、有効な時間にぐっすりと眠れば質の良い睡眠をとれたことになります。少しでもストレスを緩和して疲労回復ができるように、良質な睡眠をとるようにしましょう。