経口補水液の効果的な飲み方

経口補水液の効果的な飲み方

「おかゆ」は飽きますが…
健康なときには「おかゆ」よりも白米や味の濃い「おかず」が欲しくなるのと同様に、味の非常に薄いものは飽きます。ですから、スポーツ・ドリンクは飲みやすいように味が濃くつくられていて、吸収効率がいいとされていますが、体の水分と比べると濃いんですね。

 

それなりに味が濃くないと、美味しくないだけでなく、飽きが来ます。「おかゆ」も、1食や2食ならいいものの、毎日だと飽きるでしょ。「またかよ」って思っちゃいます。そう思っているにも関わらず、家庭内での力関係のために、そのことがいえない状況なんですけどね。ちょっとだらしないことに。いわゆる「外弁慶」です。非常に消極的な。

 

でも「おかゆ」が美味しかったら、うれしくありませんか。消化がよくて味のいい「おかゆ」…。美味しい経口補水液が増えています

 

経口補水液は、吸収効率を高めるために、体の水分と同等の電解質濃度になっています。ですから、味は薄めです。いわば「おかゆ」ですね。ですから、日常的に頻繁に経口補水液を飲むと、飽きることが考えられます。まぁ、そもそも毎日は飲まないでしょうけどね。

 

とはいえ、毎日でも飲めるくらいに美味しいものが増えています。「経口補水液」と漢字ばかりの名前からは想像できないくらいの味のものが少なくありません。モノにもよりますが、飲みすぎてしまうくらいです。本来であれば健康になるはずの経口保水液で、下痢するくらいに飲みすぎちゃうことも可能は可能。そんな人もいないでしょうけど。