子供も老眼になることがあるのか

子供も老眼になることがあるのか

老眼というのはその字の通り、老化によって目のピント調整力が衰弱することで近くのものが見えずらくなり、遠くのものが見えるという症状です。一般的に老眼になるのは40歳前後とされており、そう聞くと子供にとっては関係のないものだと思われます。

 

しかし、最近では子供にも老眼のような症状が出ているケースも出てきており、原因はもちろん加齢ではありません。ですので、もし子供に老眼のような症状が現れても改善できないものではないということを前提として知っておきましょう。

 

どうしてこういった症状が現れるのかというと、テレビ、パソコン、携帯電話、ゲームなどによって近くで画面を見続けているという子供が多くいます。近くでものを見ると目に負担がかかってしまい、目を酷使していることになりますので、それによって水晶体も毛様体筋疲労を感じてしまい、凝ってピントを合わせられないで老眼と似たような症状がでてしまうということになります。

 

つまり、子供の視力を守りたいのであれば、親が気にしなければいけません。ちなみに子供の視力というのは6歳ころにはほとんど完成されているといわれていますが、それまでにしっかりと視力が発育しない場合は視力の発達が出来ずに弱視になってしまう恐れがあります。

 

6歳までに近くや遠くのもの、動くものなど目の動きをしっかりと促すことが非常に重要になります。もちろん老眼のような症状が子供の頃から出ないように注意して子供の動向を見ておくということも必要になります。