脂肪注入口コミランキング!豊胸におすすめのクリニックはどこ?

脂肪注入と感染症のリスク

 

脂肪注入豊胸による失敗といえばまずはしこりが浮かびますが、感染症もまだ完全にはなくなっておらず、一定のリスクがあるということは理解しておくべきです。

 

感染症のリスクが最も高いのは、従来の脂肪注入豊胸で、老化細胞や死活細胞が残ったままに移植することになりやすく、加工時に脂肪が空気に触れるリスクが高いために、空気中のバイ菌が脂肪に付着するリスクが高くなります。その場合、バストの中にもバイ菌が入りこんでしまってアレルギーや拒否反応を引き起こすことになります。

 

すると、高熱や痛み、皮膚の赤みなどが現れて感染症となりますが、バイ菌の混入を医学用語ではコンタミネーションと呼び、特に危険視されるようになっています。

 

こうした危険性をはらむ昔ながらの豊胸法を行なうクリニックは未だに存在していますが、現在の主流はコンデンスリッチ豊胸などの「良質な脂肪」を「空気に触れさせないまま」注入するという方法になっています。

 

安全な「コンデンスリッチ豊胸」だとしても感染症が起こるケースがあることはわかっていて、これは予備知識のない人であればほぼわからないと言われているので注意が必要です。

 

これは倫理的な問題になりますが、「コンデンスリッチ豊胸」と言って宣伝しながらも実は正規のコンデンス加工を行なっておらず、場合によっては加工していない脂肪も半分ほど混ぜて注入している悪質なクリニックもあるそうです。

 

実際にコンデンスリッチファット(CRF)は非常に手間がかかるために、人件費を削減させたいと利益至上に陥ったクリニックが「独自の加工方法でCRFに濃縮しております」と言いながら不正行為を行っていることがあるようです。これはCRF協会へ被害報告が相次いでいることで、厳重注意の呼びかけも行なわれているほど多いようで残念です。

 

たとえ純度100%のCRFであっても、施術の際に間違った方法が取られると感染症のリスクが上がってしまい、脂肪の壊死や、壊死した組織への菌の進入・増殖を招くことがあります。多くの方はしこりで済みますが、免疫力のない方の場合は感染症になってしまうこともあります。ですから、時間はかかろうとも少量ずつまんべんなく注入するという適切な処置をしっかり行うことが技術的には非常に重要なのです。

 

こうした問題のあるクリニックを見分けるためには、カウンセリングの段階からリスク管理のための質問をしっかりしていったり、また施術のための書類などもしっかり内容をチェックし、正規のコンデンスリッチ豊胸なら必ず発行される「CRF正規プロセス証明書」 の有無も確認するようにするようにして、もしも怪しい点があるなら回避するように努めましょう。

 

脂肪注入の脂肪はどこから取ってくるのか?

 

最近、目の下のクマやたるみを治療する方法として、脂肪注入法が取られるケースが増えてきています。文字通り、脂肪を注入する治療方法ですが、この脂肪をどこから持ってくるのかと言いますと、患者本人の脚やお腹など比較的脂肪の多い部分から脂肪を採取するケースが多くなっています。

 

とはいえ、目の下に注入する脂肪ということで、量としてはそれほど多くはありません(その気になれば使う分より多く取ることはできなくはありません)。ですから、脂肪を採取することで部分痩せもできますが、基本的にはたいした量は取りませんので外見上の違いはほとんどありません。

 

たとえば脚から脂肪を採取したとしても、見た目で左右の違いが生じるというケースはほとんどなく、個人の筋肉のつき方による違い程度のものです。脚の脂肪を採取する場合、脚の付け根の部分が多く選ばれています。この部分はシワに紛れるため傷跡もわかりにくいので、このように説明すると多くの方がここを選ぶようになります。

 

一応、患者の希望に合わせて太ももや腹部など、脂肪の多い部分を選択できる場合と、ドクターの一存で採取箇所を決定するクリニックとに別れますので、選択したいという場合はカウンセリングの段階でしっかり確認するのが良いでしょう。

 

手術後の数日は、脂肪を採取した部分に内出血が起こる可能性もあります。多くの場合、内出血が起こっても数日から2週間で自然に回復しますので、心配することはありません。

 

クリニックや患者の状態によって脂肪の採取方法は異なり、その脂肪を生着させるために行う処理も異なっています。ですから、事前にしっかり説明を受けて納得の上で行うように心がけ、安易な決定をすることは避けてください。トラブルの原因になりやすいのは、評判だけで安易に決定をする人に多いと言われています。

更新履歴

(2016/01/06)
脂肪注入後の経過を更新しました