脂肪注入の口コミランキング!豊胸におすすめのクリニックはここ!

脂肪注入口コミランキング!豊胸におすすめのクリニックはどこ?

 

皆さんも1度は耳にしたことがある脂肪注入

 

その脂肪注入とは、無駄に脂肪の付きやすい太ももや腹部、背中などの脂肪を吸収し、吸収した脂肪をバストに注入するという手術方法の事をいいます。

 

要らない脂肪がなくなって、バストがきれいにアップするということ!女性らしい素敵なバストを作り上げることが出来るんです♪

 

大きな傷が残ることもなく、体への負担が全くないため人気のバストアップ方法となっているんです!そこで、今回は口コミで引き寄せた、脂肪注入クリニックランキングをご紹介します。

 

湘南美容クリニックの特徴


CMでもおなじみ「湘南美容クリニック」。豊胸の症例数は48,309件と全国トップレベルを誇ります。施術方法は、脂肪注入をはじめ、ヒアルロン酸、シリコンバッグの3種類から選べます。


見た目や感触の自然さと効果の持続性からすると一番はやはり脂肪注入です。178,800円〜と他社クリニックと比べてもそう高くない金額で理想の豊胸が実現できます。


1day美バストなら自己脂肪により即日バストアップが可能であり、モニター価格(もちろん保証付き)で受けることができます。

価格 178,800円
評価 評価5
備考 症例実績数4.8万件超え!
THE CLINICの特徴


美容口コミサイトでも1位を獲得した、バストお悩み専門のTHE CLINIC。手術後に心配される、しこりのリスクをしっかり回避してくれる!


ドクター教育をい行い、学科発表での経験が豊富なことなど、安心安全が認証されるクリニック。女性としての美しさを、いるまでもサポートしてくれます!なんと今なら、先着100名様に5万円割引券がプレゼントのチャンスも!


 

カウンセリングの説明がとても丁寧でとても安心しました。自信をもって手術を受けることができた!居心地もよっくて本当に満足しています。


 

最先端の技術危機がそろっているところにひかれました!無駄な腹部の精肉と貧乳に悩んでいたので本当に嬉しいです!慎重にカウンセリングもしてくれて安心しました。


価格 480,000〜円
評価 評価5
備考 豊胸割引最大5万円!
東京美容外科の特徴


手術がたったの20分で完了!ヒアルロン酸豊胸が人気のクリニック東京美容外科です。豊胸施術までの決心は出来ない方におすすめ、自然な仕上がりを実現するヒアルロン酸注入。


メスを使わないのも安心できるポイント!豊胸トライアルで、1ccあたり1,500円から手軽にバストアップが始められます♪無料カウンセリングも実施中です。


 

カウンセリング時に、豊胸手術のメリットやデメリットまですべて説明していただき安心しました。とても親身になっていただけたので最後まで安心感がありました。


 

素敵なバストを手に入れることができました!手術中も声をかけてくださっていたので、安心して手術を受けることができました!


価格 1cc 1500円〜円
評価 評価4
備考 ヒアルロン酸豊胸がお得!
ガーデンクリニックの特徴


ライフスタイルや、希望に合わせて施術が選ぶことが出来るガーデンクリニック。多彩な施術ときめ細やかなカウンセリングがで安心。


ただ豊胸するだけでなく、部分痩せやヒアルロン酸注入など、美しいバストを作りあげる為に考えられた施術法。産後・授乳後の悩みにも対応しており、リスクの軽減や定着率のよさも魅力です。


もちろんアフターケアにも力を入れており、高周波を使った効果で細胞の活性化やリンパの流れを促し、早期回復を目指しています。


 

本当にぺったんこだった胸が、施術前より小さいながらも形がきれいな状態になりました。


 

アフターケアも良く、定期的な通院で、胸や傷の状態をしっかり確認してくれました。


価格 190,000〜円
評価 評価3
備考 施術のラインナップが豊富!
池田ゆう子クリニックの特徴


豊胸手術に定評があるクリニック、No.1に選ばれた池田ゆう子クリニック。


医院長が女性な事でも人気を集めていますが、安心できる専門クリニックですとしても人気です。こちらのクリニックには、多くのメリットが!


・手術時間1時間

・切開せずに注射器腕注入

・局所麻酔を使用

・60回払いも可能


など、不安に思いがちな事をすべて解消してくれます。


さらに、今なら豊胸モニター募集中!お得手術が出来るチャンス!


 

憧れの谷間がきれいに出来て嬉しい!1年たった今も余裕で谷間継続中!本当に嬉しいです。


 

本当に満足しています。年も年なので不安でしたが本当によかった!脂肪なので、動いても寝ても全く違和感ないのが嬉しいですね♪


価格 980,000円
評価 評価3
備考 モニター募集中

 

 

 

脂肪注入と感染症のリスク

 

脂肪注入豊胸による失敗といえばまずはしこりが浮かびますが、感染症もまだ完全にはなくなっておらず、一定のリスクがあるということは理解しておくべきです。

 

感染症のリスクが最も高いのは、従来の脂肪注入豊胸で、老化細胞や死活細胞が残ったままに移植することになりやすく、加工時に脂肪が空気に触れるリスクが高いために、空気中のバイ菌が脂肪に付着するリスクが高くなります。その場合、バストの中にもバイ菌が入りこんでしまってアレルギーや拒否反応を引き起こすことになります。

 

すると、高熱や痛み、皮膚の赤みなどが現れて感染症となりますが、バイ菌の混入を医学用語ではコンタミネーションと呼び、特に危険視されるようになっています。

 

こうした危険性をはらむ昔ながらの豊胸法を行なうクリニックは未だに存在していますが、現在の主流はコンデンスリッチ豊胸などの「良質な脂肪」を「空気に触れさせないまま」注入するという方法になっています。

 

安全な「コンデンスリッチ豊胸」だとしても感染症が起こるケースがあることはわかっていて、これは予備知識のない人であればほぼわからないと言われているので注意が必要です。

 

これは倫理的な問題になりますが、「コンデンスリッチ豊胸」と言って宣伝しながらも実は正規のコンデンス加工を行なっておらず、場合によっては加工していない脂肪も半分ほど混ぜて注入している悪質なクリニックもあるそうです。

 

実際にコンデンスリッチファット(CRF)は非常に手間がかかるために、人件費を削減させたいと利益至上に陥ったクリニックが「独自の加工方法でCRFに濃縮しております」と言いながら不正行為を行っていることがあるようです。これはCRF協会へ被害報告が相次いでいることで、厳重注意の呼びかけも行なわれているほど多いようで残念です。

 

たとえ純度100%のCRFであっても、施術の際に間違った方法が取られると感染症のリスクが上がってしまい、脂肪の壊死や、壊死した組織への菌の進入・増殖を招くことがあります。多くの方はしこりで済みますが、免疫力のない方の場合は感染症になってしまうこともあります。ですから、時間はかかろうとも少量ずつまんべんなく注入するという適切な処置をしっかり行うことが技術的には非常に重要なのです。

 

こうした問題のあるクリニックを見分けるためには、カウンセリングの段階からリスク管理のための質問をしっかりしていったり、また施術のための書類などもしっかり内容をチェックし、正規のコンデンスリッチ豊胸なら必ず発行される「CRF正規プロセス証明書」 の有無も確認するようにするようにして、もしも怪しい点があるなら回避するように努めましょう。

 

 

脂肪注入の脂肪はどこから取ってくるのか?

 

最近、目の下のクマやたるみを治療する方法として、脂肪注入法が取られるケースが増えてきています。文字通り、脂肪を注入する治療方法ですが、この脂肪をどこから持ってくるのかと言いますと、患者本人の脚やお腹など比較的脂肪の多い部分から脂肪を採取するケースが多くなっています。

 

とはいえ、目の下に注入する脂肪ということで、量としてはそれほど多くはありません(その気になれば使う分より多く取ることはできなくはありません)。ですから、脂肪を採取することで部分痩せもできますが、基本的にはたいした量は取りませんので外見上の違いはほとんどありません。

 

たとえば脚から脂肪を採取したとしても、見た目で左右の違いが生じるというケースはほとんどなく、個人の筋肉のつき方による違い程度のものです。脚の脂肪を採取する場合、脚の付け根の部分が多く選ばれています。この部分はシワに紛れるため傷跡もわかりにくいので、このように説明すると多くの方がここを選ぶようになります。

 

一応、患者の希望に合わせて太ももや腹部など、脂肪の多い部分を選択できる場合と、ドクターの一存で採取箇所を決定するクリニックとに別れますので、選択したいという場合はカウンセリングの段階でしっかり確認するのが良いでしょう。

 

手術後の数日は、脂肪を採取した部分に内出血が起こる可能性もあります。多くの場合、内出血が起こっても数日から2週間で自然に回復しますので、心配することはありません。

 

クリニックや患者の状態によって脂肪の採取方法は異なり、その脂肪を生着させるために行う処理も異なっています。ですから、事前にしっかり説明を受けて納得の上で行うように心がけ、安易な決定をすることは避けてください。トラブルの原因になりやすいのは、評判だけで安易に決定をする人に多いと言われています。

 

脂肪溶解注射を顔へ施術する場合の効果と注意

 

この脂肪溶解注射というのは実は顔に施術することも可能になります。脂肪がなくなることで小顔の効果はもちろんありますが、それ以外のメリット、そして注意点もしっかりと把握しておきましょう。様々な痩身法がありますが、どれも多少の皮下脂肪の厚みがないと施術が難しいです。

 

しかし、脂肪溶解注射は注射をすることで脂肪細胞を溶かして尿や便から排出させるという方法になります。ですので、特徴として皮下脂肪が少なくても施術できるというものがあります。例えば、二重あごの部分が気になるという方などもその部分だけ施術は可能となります。

 

もちろん、顔以外でもお腹や腕、足などあらゆる部分をピンポイントで痩せさせてくれます。また、脂肪が原因で目の下にたるみが出来る事がありますのが、それにも対応することは可能です。しかし、この顔への脂肪溶解注射に関しては多少注意点があるのですが、やはり顔というのは皮膚が弱いので施術後は腫れたり、痛みが出たりしてしまうことがあります。

 

女性でしたらお化粧で隠せる程度のものになりますが、男性はしばらく我慢する必要があるでしょう。ただ、長くても1週間程度といわれていますので永遠に続くものではありません。また痛みが落ち着いてきたら施術部位をマッサージして脂肪を排出しやすくします。

 

また1回ではなく平均で6回程の施術を2週間〜3週間置きに行って少しずつ効果が見られていきます。即効性はありませんが、少しずつ痩せていきますので心配はいらないでしょう。こちらもどうぞ>>>http://www.ventsgoggles.com/

 

食生活を見直してドライアイを改善していこう

 

ドライアイにいいといわれている食べ物として、玄米があります。この玄米がどうしてドライアイにいいのでしょうか?玄米などのような穀類というのは、非常に多くの栄養素が豊富に含まれているという特徴があります。

 

特に玄米の籾殻というのは、多くの栄養素があるのです。この籾殻があるからこそ、玄米は寒くても、籾殻に含まれている栄養素のおかげで生き残っているのです。

 

なお、ドライアイになっているということは、食生活に問題がある可能性が高いですから、将来的に他の生活習慣病を引き起こしてしまう危険性が高くなってしまいます。ですので、今から玄米などのような栄養価の高い食べ物を食べるようにして、健康的な体を目指すようにしたいところです。

 

最近は、健康ブームですので、ネット通販でもスーパーマーケットでも買うことが出来るようになっています。少しずつドライアイを改善していくことも可能ですから、早めに実践をしておくといいでしょう。

 

日本人がよく口にするのは、パンやご飯ですよね。ご飯は稲から作られ、パンは小麦から作られています。この二つに共通している点は、穀物という点です。色々な食べ物にお米や小麦が含まれているものです。

 

また、パンにしてもご飯にしても、白色ですよね。しかし、実際は小麦にしてもお米にしても白色ではないのです。精米をしたりして、籾殻を取り除いて、味が美味しいところだけにしているのがパンやお米になっています。つまり本来の栄養価も籾殻と一緒に失われてしまっている状態になっているのです。

 

玄米は、籾殻も一緒に口にすることが出来ますから、ドライアイや生活習慣病対策が期待できる栄養素をたくさん摂取することが出来るようになります。ただ、玄米を食べていても十分ではないという人もいます。

 

例えば、最近の人たちというのは、テレビやスマホなどのような電子画面を目にすることが多いです。ですので、玄米を食べるだけでは、目の負担を十分に軽減させることが出来ないということも少なくないのです。このような場合は、サプリメントを使って、ドライアイを改善させていくという方法も考えた方が良いかもしれません。⇒ドライアイサプリならこれ

 

普段から口にするものや、摂取するものに対して意識を向けることによって、ドライアイになりにくくなったり、ドライアイを改善させていくことも可能になるのです。

 

猫がフードを食べないとき

 

猫は野生の動物ということは皆さんご存知だと思いますが、動物にだって体調の良い悪いはあるのです。それに伴って食欲もいつも旺盛ということはまずないと考える必要があります。食べたくないときもあり、それを飼い主は把握する必要があります

 

しかし、わかってあげると言っても飼い主ですから、理解するだけでなく、どうしたらそれを改善することをができるのか、食欲を旺盛になるか考えていく必要があります。

 

猫がキャットフードを食べないときは、加齢によって食欲が減っているのか、それとも体調的な問題があるのか、更に環境の変化などでストレスを感じていないのか、それともフードが変わったばかりなのか、などを全て考えて判断する必要があります。

 

これらに該当する場合には、できる範囲で原因に対して対処してあげることで食欲が出てきます。その他の場合は観察を続けて体調を見てあげるようにしましょう。

 

また、性別によって生じる特殊な問題もあり、オスであれば去勢したり、メスであれば不妊手術を行った場合や妊娠した場合には食欲が落ちてしまうという傾向にあることが分かっています。

 

猫が毛玉を吐いているのなら問題がないと思いますが、毛玉もなく嘔吐を繰り返しているような状態は不調が際立っている状態と言えるので、できれば病院を受診することがお勧めできます。

 

また、寒い暑いなどの気候の問題や、ホコリが多いなどの問題によって食欲が落ちることも少なくないと言われているので環境を整えてあげるようにしましょう。

 

自由に生きているように思われている猫も、意外とデリケートな面があるので、食事があまり進まないときには何が原因なのか考えてあげて改善を考えてあげるようにしましょう。

 

こういったケースも⇒便秘解消におすすめのキャットフードはあるの?

 

更新履歴